Splatoon雑記

S+帯の野良で潜った感想を書いていく

【スプラトゥーン】ガチホコ②

 ガチホコでの各武器種の立ち回りのコメントをする。

 立ち回りは基本的にナワバリに似た感覚だと思っている。あらゆる場所が戦場になるので、自インクの面積が多ければ多いほど有利である。ガチマッチのルールの中で一番塗るゲームだと思われる。今回は前衛、後衛に分けてコメントする。

1.前衛

 前衛武器は、シューター・ブラスター・ローラー・スロッシャーである。スプラ系統のスピナーも前衛と言っていいかもしれない。使ったことがないから何とも言えないが。

 役割は塗ってホコの進路を作るのとホコの前の敵を倒すことである。後者はとても難しい。ブラスター・ローラーは塗るのに全く適していないため、敵を倒すのに専念した方が良い。それでも、縦横無尽に駆け回るシューターの方がキルが多いことがよくあるのだが。

 基本的にはシューター推奨である。自インクが無ければ役立たずのブラスター・ローラーよりも遥かに役割が多い。ボールドなんかはホコ割りに多大な貢献ができるので、なかなか輝けるのではないか。スロッシャーもシューターと同じような役割で、さらに高台上の敵にプレッシャーをかけられるのでなかなか良い。しかし、クリアリングスピードは幾分劣る。

2.後衛

 スピナー、チャージャーがこれにあたる。野良だと、塗りが強くフットワークが軽いスピナーの方が強い気がする。チャージャーは本当に自陣に籠るプレイヤーが多いうえ、前衛で敵を全落ちさせてもホコを持ってこようともしない奴が多い。一体何を狙っているんだ。狙う敵はいないと言うのに。重い腰を上げて持ったとしても、敵を見つけたらすぐに逃げる癖がついてるのか、一向にカウントを進めようとしない。私は野良でチャージャーを引いた場合、半分負けを覚悟する。

 ハイカス・バレデコはスペシャルが優秀で、かつ塗りも広範囲に渡ることから守護神になってくれることが多い。少なくともチャージャーより良い。

 ホコを持つべきか、というと持つべきなのだろう。少なくとも前衛が敵を倒してることがわかったら、素直に持つのが勝利に繋がるのではないか。前衛がホコ持って道作って敵を倒すのなら、後衛はいらない。

 

 

 ガチホコは攻め守りのパターンが数多くあり、野良だと編成も考慮した立ち回りが要求され、なかなか難しいルールである。ガチホコの経験回数が少ないのもあり、練習量が足りてないのかもしれないが、個人的には勝敗は味方運に依ると考えている。ガチホコカンストした人は本当に凄い。私にはできない。