読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Splatoon雑記

S+帯の野良で潜った感想を書いていく

【スプラトゥーン】ガチホコ①

  ガチマッチのルールの中で最も敬遠してるルール、それがガチホコである。野良だと運ゲーの一言に尽きるからである。ガチエリアガチヤグラは戦場がある程度限られてくるのだが、ことガチホコに関してはホコのルート次第でどこもかしこも戦場になり得る。故に重要になってくるのがタイマン能力であり、一人のデスが戦況に大きく関わることになる。もう少し噛み砕くと、マップのクリアリングを進める際に敵と鉢合わせした時に毎回タイマンで倒された場合、その場所から侵入を許すことになり戦線が瓦解する。ちなみに、タイマンじゃなく1対2で戦った場合は、自分のデスの分どこかの戦いが楽になっていることが多く、あまり問題ではないように思う。

 タイマンで負け続ける味方がいると、無限に敵が侵入してきてしまい、後衛の仕事ができなくなったり、裏取りで他の味方がやられ前線が下がったりと酷いありさまである。キルレ1を割るな、とは言えないが2-10などといった極端なリザルトならば戦術を変えた方がいいように思う。タイマンが弱いと思うのなら大人しく味方と行動した方が吉である。その分どこかが苦しくなるが。

 さて、ガチホコを敬遠していたせいもあり、昨日野良に潜ったときは勝ったり負けたりを繰り返し結果的にウデマエは変わらず、という平凡な結果に終わってしまった。ホコは安全圏カウントはほとんど無いので、余裕があれば攻めるのが良いと思うのだが、50以上進めるとどうも引きこもるプレイヤーが何割かいる。高台から永遠にキューバンを投げるスシコラみたいな奴である。こうなるとお手上げで、相手のスペシャル連携で味方が散って逆転負け、というパターンに陥る。どうしようもない。

 ヤグラにも同じことが言えるが、野良で序盤にカウントを進めすぎると弱い味方が防衛と潜伏しかしなくなるので、2,3分過ぎるまでは様子を見た方がいいように思う。特にチャージャーが味方に居る場合は、この傾向が顕著である。どうやら彼らは自陣に引き篭もっているのが好きらしい。やれやれ。